薬剤師の仕事

薬剤師の仕事内容について紹介していきます。
未分類

製薬会社の仕事

薬剤師の仕事現場と業務内容として最後に紹介するのは「製薬会社」です。
製薬会社のほかにも、治験業界などにも需要があり、それぞれに仕事の内容があります。
どちらにも共通している業務として「DI」というものがあります。
別名では学術業務と呼ばれるものです。
医薬品の世界というのは日進月歩で進歩しており、世界中に新しい医薬品に関する論文というものが発表されます。
ただ、世界に向けて発表される論文の多くは英文で執筆されているため、社内で利用できるようにするためにローカライズするスタッフが必要となります。
この作業が学術業務です。
英語が読めるだけではなく、医療用語や医薬品用語に関しても英語で理解出来る必要があり、求められる知識のレベルが高いといえます。

この他には、管理薬剤師としての業務があります。
薬事法によって医薬品を所持している事業所には薬品を管理するための薬剤師が必要であると規定されています。
これに則り薬剤管理を行うのが仕事です。
さらに治験業界の場合には臨床開発モニター業務や、治験コーディネーター業務といった特殊な業務が追加されます。
患者の臨床結果を見つつ症例の登録を行ったり、サポートを行う業務となります。