薬剤師の仕事

薬剤師の仕事内容について紹介していきます。
未分類

ドラッグストアの業務

次に紹介するのは、ドラッグストアでの業務です。ドラッグストアには薬剤師が必要な場所と、そうでない場所があります。というのも、扱っている医薬品のなかに薬局医薬品と呼ばれるものが含まれているかどうかがポイントです。薬局医薬品と呼ばれるものは販売に際して薬剤師が直接面談や説明を行うことが求められます。そのため、こういった医薬品を販売したいのであれば薬剤師を常駐させる必要があり、需要が発生します。

ドラッグストアにおいては、調剤薬局業務以上に接客能力が求められます。医療機関としてではなく、気軽に医薬品、ないしは日用品を購入出来る場所としてドラッグストアに訪れる人も少なくありません。そういった人からすると薬剤師であろうがなかろうが、店員の一人として扱われることになります。店内について把握していなければならず、接客態度などにも注意が必要になります。

最近では調剤薬局の機能を併設しているドラッグストアも多くなっており、その場合には両方の業務が求められる可能性もあります。その分、調剤薬局でなければ学ぶことが出来ないことも同時に学ぶことができるため、キャリア・アップを求めている人にとってはメリットがあります。