薬剤師の仕事

薬剤師の仕事内容について紹介していきます。
未分類

調剤薬局の業務

薬剤師の仕事現場として、最もスタンダードであるのが「調剤薬局」です。病院内に薬局がある場合、直接的な職場が病院となることもあります。調剤薬局において薬剤師は、大きく3つの業務を任されることになります。1つ目は「調剤業務」、2つ目は「薬歴管理」、3つ目は「服薬指導」です。いずれも欠かすことが出来ず、命に関わる重要な業務です。

調剤業務というのは、医師の処方箋を元にして医薬品の調剤を行う業務です。これが基本中の基本となりますが、次以降の業務との関係もあり、ただ指示通りに処方すれば良いわけでないのが難しい点です。薬歴管理とは、患者さんの副作用や現在飲んでいる薬、過去に経験した病気などを参考にしながら、処方箋に書かれている薬品を投与して問題がないかどうか判断する作業です。

さらにその管理自体も業務の1つとなります。服薬指導は薬品を提供するにあたって、飲み方などの指導を行います。薬のなかには飲み方によって深刻な影響を及ぼすものもあり、ここを怠ると命に関わります。(よく知られているものとして、降圧剤をグレープフルーツジュースで飲むと効果が増幅されて血圧が下がりすぎてしまう、などがあります)総合的な医薬品の知識が求められるわけです。