薬剤師の仕事

薬剤師の仕事内容について紹介していきます。
未分類

薬剤師になるには

医療に関係している仕事のことを合わせて「コ・メディカル」という名称で呼ぶことがあります。これには医師や看護師、医療事務などの直接病院で医療に携わる人だけではなく、医療器具メーカーや薬剤師などの間接的に医療に関わっている人も含まれています。そこでここでは、コ・メディカルのなかの1つとして薬剤師にスポットライトをあて、この仕事がどんなものなのかを紹介します。

まず始めに、薬剤師になるためにどのようなことが必要なのかを見てみましょう。薬剤師は国家資格である薬剤師免許を取得していなければなることが出来ません。この薬剤師免許の取得は国家資格の中でも高難易度であるとされます。受験資格には薬学科大学の卒業が挙げられており、まずこの大学は通常の大学よりも長い6年の通学が必要です。筆記試験は合格率70%とそれほど低くないように感じられますが、そもそも合格が難しいと思われる人は薬学科を卒業できないためにこのような数値となっています。その点を加味すると試験自体の難易度も高くなっています。

このような試験を通過して薬剤師免許を取得した上で、就職活動も行わなければなりません。ただ、幸いにして薬剤師には活躍の場が多く存在しています。病院や調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などが代表的です。務める場所によって業務の内容も変化するため、自分にあっている職場がどこなのかを選択するようにしましょう。この先では職場ごとに求められる業務内容について紹介します。