製薬会社の仕事

薬剤師の仕事現場と業務内容として最後に紹介するのは「製薬会社」です。製薬会社のほかにも、治験業界などにも需要があり、それぞれに仕事の内容があります。どちらにも共通している業務として「DI」というものがあります。別名では学術業務と呼ばれるものです。医薬品の世界というのは日進月歩で進歩しており、世界中に新しい医薬品に関する論文というものが発表されます。ただ、世界に向けて発表される論文の多くは英文で執筆されているため、社内で利用できるようにするためにローカライズするスタッフが必要となります。この作業が学術業務です。英語が読めるだけではなく、医療用語や医薬品用語に関しても英語で理解出来る必要があり、求められる知識のレベルが高いといえます

この他には、管理薬剤師としての業務があります。薬事法によって医薬品を所持している事業所には薬品を管理するための薬剤師が必要であると規定されています。これに則り薬剤管理を行うのが仕事です。さらに治験業界の場合には臨床開発モニター業務や、治験コーディネーター業務といった特殊な業務が追加されます。患者の臨床結果を見つつ症例の登録を行ったり、サポートを行う業務となります。

このように薬剤師の資格を持っていれば幅広い仕事ができます。しかし、就職や転職をする時には、先輩の話やコンサルタントサポートがあるとより自分の力になります。また、薬剤師専用の就職サイトなどを活用すると、調剤薬局やドラッグストアなどで働きたい場所を指定することもできます。自分が目指す将来に向けて、勉強・仕事探しを行ってください。

□参照リンク□薬剤師転職求人情報 / Carrier Field

ドラッグストアの業務

次に紹介するのは、ドラッグストアでの業務です。ドラッグストアには薬剤師が必要な場所と、そうでない場所があります。というのも、扱っている医薬品のなかに薬局医薬品と呼ばれるものが含まれているかどうかがポイントです。薬局医薬品と呼ばれるものは販売に際して薬剤師が直接面談や説明を行うことが求められます。そのため、こういった医薬品を販売したいのであれば薬剤師を常駐させる必要があり、需要が発生します。

ドラッグストアにおいては、調剤薬局業務以上に接客能力が求められます。医療機関としてではなく、気軽に医薬品、ないしは日用品を購入出来る場所としてドラッグストアに訪れる人も少なくありません。そういった人からすると薬剤師であろうがなかろうが、店員の一人として扱われることになります。店内について把握していなければならず、接客態度などにも注意が必要になります。

最近では調剤薬局の機能を併設しているドラッグストアも多くなっており、その場合には両方の業務が求められる可能性もあります。その分、調剤薬局でなければ学ぶことが出来ないことも同時に学ぶことができるため、キャリア・アップを求めている人にとってはメリットがあります。

調剤薬局の業務

薬剤師の仕事現場として、最もスタンダードであるのが「調剤薬局」です。病院内に薬局がある場合、直接的な職場が病院となることもあります。調剤薬局において薬剤師は、大きく3つの業務を任されることになります。1つ目は「調剤業務」、2つ目は「薬歴管理」、3つ目は「服薬指導」です。いずれも欠かすことが出来ず、命に関わる重要な業務です。

調剤業務というのは、医師の処方箋を元にして医薬品の調剤を行う業務です。これが基本中の基本となりますが、次以降の業務との関係もあり、ただ指示通りに処方すれば良いわけでないのが難しい点です。薬歴管理とは、患者さんの副作用や現在飲んでいる薬、過去に経験した病気などを参考にしながら、処方箋に書かれている薬品を投与して問題がないかどうか判断する作業です。

さらにその管理自体も業務の1つとなります。服薬指導は薬品を提供するにあたって、飲み方などの指導を行います。薬のなかには飲み方によって深刻な影響を及ぼすものもあり、ここを怠ると命に関わります。(よく知られているものとして、降圧剤をグレープフルーツジュースで飲むと効果が増幅されて血圧が下がりすぎてしまう、などがあります)総合的な医薬品の知識が求められるわけです。

薬剤師になるには

医療に関係している仕事のことを合わせて「コ・メディカル」という名称で呼ぶことがあります。これには医師や看護師、医療事務などの直接病院で医療に携わる人だけではなく、医療器具メーカーや薬剤師などの間接的に医療に関わっている人も含まれています。そこでここでは、コ・メディカルのなかの1つとして薬剤師にスポットライトをあて、この仕事がどんなものなのかを紹介します。

まず始めに、薬剤師になるためにどのようなことが必要なのかを見てみましょう。薬剤師は国家資格である薬剤師免許を取得していなければなることが出来ません。この薬剤師免許の取得は国家資格の中でも高難易度であるとされます。受験資格には薬学科大学の卒業が挙げられており、まずこの大学は通常の大学よりも長い6年の通学が必要です。筆記試験は合格率70%とそれほど低くないように感じられますが、そもそも合格が難しいと思われる人は薬学科を卒業できないためにこのような数値となっています。その点を加味すると試験自体の難易度も高くなっています。

このような試験を通過して薬剤師免許を取得した上で、就職活動も行わなければなりません。ただ、幸いにして薬剤師には活躍の場が多く存在しています。病院や調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などが代表的です。務める場所によって業務の内容も変化するため、自分にあっている職場がどこなのかを選択するようにしましょう。この先では職場ごとに求められる業務内容について紹介します。